Header Image

O.O.D.A.アプローチ

OODA
私たちはこれまで培った知識を最大限に活用してお客様目線でより効果的・効率的なシステム構築を心がけております。
近年目まぐるしく変化する社会環境に的確にアプローチするため「OODAループ」理論と「プロトタイピング」手法を用いてソリューション提案しています。

OODAは、
観察(Observe)
方向付け(Orient)
決心(Decide)
実行(Act)
の略で、元々はアメリカ空軍によって臨機応変に戦略を練り直すために考案されました。不確実性の高い現在ではビジネスモデル構築面でも採用されシステム構築する上でPDCAサイクルと合わせて目的に沿い時代に即したシステム構築に不可欠なアプローチです。


NEWS

MORE
Return Top